トップページ > 河内地区デイサービスセンターみかんの丘

河内地区デイサービスセンターみかんの丘

2022年度事業計画

年間目標:在宅生活の充実を目指す

①財務の視点

  1. 入院による長期休みを防ぐ為、体調・身体機能面での変化に注意し、終礼時に報告。随時、家族・ケアマネへ報告し早目の対応を取る。
  2. ADL維持加算を安定的に取得していくため、個別機能訓練と評価を書面化出力。家族、ケアマネへの提案。
  3. 通所の広報用チラシ(PT・OT作成の取り組み内容)を居宅事業所へ配布し、取り組み内容をアピール。
  4. 平均月2件のペースで事故報告があった。制限速度の徹底、狭い場所での2人体制、目視確認の徹底、報告の徹底。

②顧客の視点

  1. デイ丘アカウントを3月中に作成し、4月よりインスタグラムを開始する。
  2. 取り組み内容を各スタッフが、1回以上/月、SNSにアップする。
  3. 地域、家族に向けての内容も投稿する。
  4. 会議でホームページ・パンフレット等に載せる内容を介護・看護・機能訓練それぞれの専門職で検討し、運営会議にて報告を実施する。
  5. KYの視点で業務に入り、ヒヤリ入力後相談員に報告、終礼時に周知。
  6. 1日1件のヒヤリ報告を実施し、重大事故を防止する。
  7. 聞き取り実施し、不適切ケア ・接遇に対して(声掛けの仕方等) ・統一した処遇についての勉強会を実施し、ケアの質の向上を図る。(8月)

③業務プロセスの視点

  1. 3月会議までに、理解度・使用状況をヒヤリングし疑問点を洗い出し効率的な入力や操作方法を4月会議にて集約する。
  2. ケアカルテ使用に個人差がある為、4月中に抽出した疑問点等を6月に勉強会を実施し、入力時間を効率化する。
  3. モニタリング時に各担当がカルテ確認。相談員が、介護計画書、機能訓練計画書等の確認を実施し、作成モレをを防ぐ。
  4. 奇数月 2ヶ月ごと、第3週に実施。(各担当を振り分け決定)。清掃場所は、ピックアップし提示した。各担当が責任をもって実施する。

④人材と変革の視点

  1. 技能実習生とのコミュニケーションをとり、生活面、業務面での 問題点等を早めに見つけトラブルを防ぐ。
  2. 勤務表作成時に、有休取得の聞き取りを実施し、連休も含め、協力しながら有休を取れるよう実施し、取得率を60%以上目指す。
  3. 各職員の業務に対しての問題点・疑問点等を聞き取り、取組み易い環境を作る。

熊本県福祉サービス第三者評価結果公表基準

詳しくはこちら(PDFファイルで開きます)

運営方針

要介護者等の心身の特徴を踏まえて、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、入浴、排泄、食事の介護その他の生活全般にわたる援助を行ないます。

要介護者等の意思及び人格を尊重し、常に要介護者等の立場に立ったサービスの提供に努めます。
運営にあたっては、関係市町村、地域の保健・医療・福祉サービス事業者との綿密な連携を図り、総合的なサービスに努めます。

サービス内容

1. 一日の流れ

【STEP1】
①利用前担当者会議にて、在宅でお困りの点についてみかんの花独自のアセスメントを実施します。
②在宅でのアセスメントを基にニーズの近い方を小集団に分けます。
  10:00~ 11:00~ 12:00~ 13:30~ 14:30~
パワーリハビリ A B 昼食 C 総合レク
脳トレ・リラックス B C A
入浴 C A B

【STEP2】
③小集団のグループごとに段階的なケア方針を専門家のカンファレンスにて決定、実行します。
例:入浴、パワリハ、総合レク等ひとつにしても、グループA・B・C・D・Eはそれぞれ方法が違う。
グループごとにADL、IADLにあわせた機能訓練を実施しますので介護度が重い方でも安心!
一日のスケジュール例(A)
9:00~ バイタルチェック
9:45~ 集団にて準備体操
10:00~ 総合レク
(マットエクササイズ+バランス訓練)
11:00~ 脳トレ
(漢字・計算 各2枚+数字盤)
12:00~ 食事
13:00~ パワリハ(4種類 各10回×3セット)
14:00~ リラクゼーション(アクアタイザー+休憩)
15:00~ 入浴(遠位監視)
16:00~ 送迎開始
一日のスケジュール例(D)
9:00~ バイタルチェック
9:45~ 集団にて準備体操
10:00~ 脳トレ
(漢字・計算 各2枚+塗り絵)
11:00~ パワリハ(座位での集団運動)
12:00~ 食事
13:00~ リラクゼーション
(ホットパック+休憩)
14:00~ 入 浴
15:00~ 総合レク(歩行訓練+趣味活動)
16:00~ 送迎開始
IADLの向上を目指すために…。
方法:パワーリハビリテーション

・老化に対するリハビリテーションです
パワーリハビリテーションは、老化や器質的障害により低下した身体的・心理的活動性を回復させ、自立性の向上とQOL(クオリティ・オブ・ライフ)の高い生活への復帰を目指すリハビリテーションの新しい手法です。
日本でリハビリの専門職の手によって開発されたマシントレーニングを中心とした運動プログラムであり、各地で目覚ましい成果を上げています。
まさに、「老化に対するリハビリテーション」といえます。

・軽負荷でのマシントレーニングです
パワーリハビリテーションは、マシントレーニングを軽負荷で行い、全身各部の使っていない筋を動かします。
それにより、「すたすたと歩けるようになった」というような動作性・体力の改善、「外出するようになった」といった心理的活動性の改善が得られます。パワーリハビリテーションが心臓に与える影響は「入浴」より軽く、運動によるリスクはほとんどないといえます。

・行動変容をもたらすリハビリテーションです
身体の動きが良くなった、疲れにくくなったという動作・体力の改善は「自己認識・自己概念」に変化をもたらし、自信もついてきます。
そして、自信がつくことによる行動の変化も生まれてきます。
また、パワーリハビリテーションのような軽い有酸素運動の時に神経から放出される物質は、「うつの改善」など心理的な効果もあります。
パワーリハビリテーション実施後に趣味であった社交ダンスや登山、絵画を再び行うようになったなど、数々の行動変容が報告されています。

・当デイサービスこだわりのマシン
「みかんの花」のマシンは、ドイツ・プロクソメッド社製の「コンパス」というシリーズで、もともと医療用機器として開発されたものです。
体の各部はそれぞれ関係しあっているので、全身の不活動筋を同時に再活動化していくことが重要な鍵です。
パワーリハビリテーションでは、「高齢者は下半身が弱いから下半身から」というアプローチではなく、上肢、下肢、体幹とバランスよくトレーニングを行います。このような原理に対応できるマシンということで、コンパスシリーズを設置、使用します。

総合レクいろいろ
□屋外歩行   建物周辺を歩きます
□屋内歩行   建物の中を歩きます
□階段昇降   建物内の階段の昇り降りします
□バランス訓練 バランスマットを使ったトレーニングです
□バランスSD バランスに関するトレーニングと評価ができます
□ペダリング  座った姿勢で自転車のペダルを漕ぐ運動です
□各種の体操  座った姿勢で、立った姿勢で、床を使って、ゴムチューブを使って…等、テレビ画面を見ながら実施します。
そのほか、利用者それぞれの体調や目標に合わせて個々に必要なメニューを選定・実施します。

2. セルフ式の昼食

みかんの丘では昼食はセルフ方式です。
食事を好きな量をご自分で取ってもらうことで食事に楽しみを持って頂いています。

3. 温泉、景色


温泉は、自慢の源泉かけ流しです。
露天風呂もありますよ!

景色は、わざわざカメラを持って
人が集まるほどの絶景!

4. 竹内理論

詳しくはこちら

事業の実施地域
・ 熊本市 ・ 玉名市 概ね車で30分程度を送迎範囲としています。
上記地域以外でもご希望の方はご相談下さい。
営業日
平日 9:00~17:00
休日 日曜日、12月30日から1月3日

介護保険給付対象外サービス

食費

食事サービスを受ける方は、食事の実費が必要となります。
1食 510円(食事時間) 12:00から13:00
栄養士の立てる献立により、栄養と身体状態に配慮した食事を提供します。

おむつ代

1枚 100円
おむつを使用される方は、おむつ代の実費が必要となります。

その他の費用

通所介護サービスの中で提供される便宜のうち、日常生活においても通常必要となるものに係わる費用であって、お客様に負担させることが適当と認められる費用は、お客様の負担となります。

お問い合わせ

お問い合わせ先 熊本市西区河内町白浜字堀切1440-2
社会福祉法人 陽光 特別養護老人ホーム みかんの丘
担当 井手 淳一
電話番号 096-278-4055
top